相続人にしたくない人がいる場合にはどうすればよいでしょうか

相続人にしたくない人がいる場合にはどうすればよいでしょうか

たとえば、子供が2人居て、一人は家庭内暴力や被相続人への侮辱行為が著しかった場合には、家庭裁判所に「廃除」を申し出ることで、その人は相続人になれなくなることが民法上認められています。知りたい情報はここ→千代田区 相続超オススメです。

 

 

この「廃除」は「生前」でも「遺言」でもできることになっておりますが、できるだけ生前にしておいたほうがいいようです。もっと詳しく調べたい方はここ→千代田区 相続税
というのも、「遺言」で行うということは当の本人が生きていないので、家庭裁判所での審理の際に本人が出られないという状況になってしまいます。この東京 相続は結構オススメです。

 

 

廃除をしたい場合、依頼する専門家は弁護士になります。行政書士は裁判所に対する提出書面の権限を持っておらず、司法書士は提出書面の作成はできますが、代理ができません。教えてもらったこのサイト東京 相続税
提出書面自体は家庭裁判所でもやさしく教えてくれるので、自分でやるか弁護士に依頼するかで考えたほうが良いです。
このサイト→東京 経営相談に載ってます。